坐骨神経痛でも痛みを感じずに座れる椅子は?

坐骨神経痛でお悩みの方に最適な椅子の選び方
神経が圧迫されるのを防いでくれるもの
坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアが原因で起こることが多い症状です。腰椎椎間板ヘルニアは、姿勢が悪くて背骨が歪んでしまい、椎間板がはみ出して神経を圧迫することで起こります。ですから、背骨を正しい位置に戻して、椎間板が神経を圧迫しないように矯正する必要があります。そのためには、背骨を正しい位置に矯正する椅子を選ぶ必要があります。
骨盤が後ろに倒れないように矯正してくれるもの
背骨を正しい位置に矯正するためには、骨盤が後ろに倒れないようにする必要があります。骨盤が後ろに倒れることによって、背骨が曲がって椎間板を押し出してしまうからです。ですから、骨盤が立った状態で座れるような椅子を選ぶということが重要なポイントとなります。
正しい姿勢をキープする筋肉が鍛えられるもの
坐骨神経痛は姿勢が悪いということが引き金となって起こる症状です。したがって、どんな治療をしたとしても、結局は一時しのぎにしかなりません。根本から解決するためには、正しい姿勢をキープすることが重要となります。そのためにも姿勢をキープするための筋肉を鍛える必要があります。ですから、正しい姿勢をキープできる筋肉を鍛えられる椅子を選ぶということが大切です。